2015.12.31更新

みなさん、こんにちは!

 

交通事故の治療を行なう場合は

 

第3者傷害届を提出して治療しないといけません。

 

いのうえ整骨院・整体院ではその様な決まりを守り施術しています。

 

また、自賠責は当院オススメの施術

 

『仙骨バランス療法』での施術に準じて行いますが、

 

第3者傷害届での保険証を使った治療は通常の保険施術なので

 

遠くからわざわざ治療に来た人には

 

「保険治療は近くで施術してもらってください。」とオススメしています。

 

わざわざ時間をかけて保険治療を当院で行なうことはお勧めしていません。

 

第3者傷害届とは・・・交通事故だけでなく、喧嘩等でけがをした場合も

 

保険証を使って治療をすることができる制度です。

 

交通事故等で負傷した場合は

 

普通そのケガの治療費は加害者または加害者が加入している

 

自動車損害保険から支払われます。

 

交通事故や喧嘩など加害者がいる場合はそのかかった治療費は

 

全額加害者が支払うものです。

 

第3者傷害届でその扱いになった治療は一時健康保険から支払い

 

全額その健康保険分加害者が支払う制度となります。

投稿者: いのうえ整骨院

2015.12.23更新

皆さん、こんにちは!

 

交通事故にしなかった時に事故後はどうなってしまうのでしょうか?

 

ケース1としては大した怪我もなく完治、何事もなく事故の事は終わり。

 

前回までのお話の通り、交通事故にしなかった場合、

 

加害者から頼まれたにしても、被害者側の希望にしても、双方の考えの一致にしても

 

被害者側のケガがたいしたことが無く、警察に交通事故の届け出をしなかった時、

 

その後も問題なくこの事故によるけがが治った場合それで何ももめ事もなく

 

その交通事故の問題は終わりとなります。という程度で済むとしたら

 

何の問題もなく交通事故は終決します。

 

しかし、その時に軽症だと思っても意外に痛みが長く残る場合も多く、

 

「やはり警察を呼んで交通事故扱いにしておけばよかった」というケースもあります。

 

また、本当は交通事故の治療を行なう場合は第3者傷害届というものを提出しないといけません。

 

損保会社が介入する保険証を使った治療は

 

損保の係りの人がしっかり第3者傷害届の手続きをしてくれます。

 

しかし、加害者-被害者間ではそんなことは知らない人が多く、

 

ほとんどが第3者傷害届など出さずに治療を受けようとしますが

 

当院では「交通事故や喧嘩など第3者障害は保険証は届を出さないと使えません。」

 

ときっぱりお断りしています。そして、当院に保険証を使った施術を希望する人にも

 

「保険証治療は近くで診てもらってください。」とお伝えします。

投稿者: いのうえ整骨院

2015.12.16更新

皆さん、こんにちは!

 

なぜ交通事故を交通事故にしなかったか?

 

その理由は大きく3パターンに分けると・・・・

 

3つ目としては「双方の理由で交通事故にしないで一致」というケースです。

 

加害者・被害者ともにそれぞれ事情もあるということで交通事故にしないケース

 

があります。双方ともに対した怪我でない場合にわずらわしい事を避けるため、

 

交通事故にしないというケースがあります。双方の考えが同じということです。

 

その場で金銭のやり取りがある場合や、お互いの車を自分で修理する。

 

治療費も御自分で支払う。などの双方の話し合いで終わる場合があります。

 

このケースはお互いの考えで決着するので後々交通事故問題が浮上することは

 

ほとんどないパターンといえますが、この時に痛みが大丈夫であっても

 

次の日や2~3日経過して特に被害者側は痛みが生じた場合、

 

「やっぱり交通事故人身傷害にしておけばよかった・・・」となります。

 

ぜひ、些細な事故においても警察をよんで現場検証を御願いしたいものです。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院では交通事故患者さんに限らず

 

万が一の交通事故必ず警察に入ってもらいましょうとオススメしています。

投稿者: いのうえ整骨院

2015.12.09更新

皆さん、こんにちは!

 

なぜ交通事故を交通事故にしなかったか?

 

その理由は大きく3パターンに分けると・・・・

 

2つ目としては「被害者側の理由で交通事故にしたくない」というケースです。

 

これはぜひやめてほしいと思うのですが被害者側が交通事故扱いにしないケースです。

 

大した怪我でない場合に・・この場合その時に警鐘であると思った場合

 

警察を呼んであれこれ調べられたり、病院で診断を受けたりが面倒という理由から

 

交通事故扱いにしない。ということが現実としてあるようです。

 

ちょうど「急いでる用事があった」そんな時に事故に遭ってしまった。

 

ということも理由としてあるかもしれません。

 

こんな時に加害者側が「念のために病院で診てもらった方がいいですよ」

 

とススメても被害者側が「大丈夫」と拒否すれば警察に届ける気もなくなるでしょう。

 

そして、後々被害者が「交通事故にしたい事情が生じた」場合、

 

交通事故扱いにすることはとても面倒になります。

 

後々の問題も含めて絶対にその場で警察に連絡しましょう。

投稿者: いのうえ整骨院

2015.12.02更新

皆さん、こんにちは!

 

では、なぜ交通事故を交通事故にしないのでしょうか?

 

その理由は大きく3パターンがあると思われます。

 

まず、1つ目としては加害者が「警察に届けないでほしい」と頼むこと

 

交通事故扱いにしなかった場合に

 

このケースが当院に今まで来た人の中では一番多いと思います。

 

被害者側はなんかわからないけれど加害者に言いくるめられ交通事故にしなかった。

 

というケースも同じです。違反点数がだいぶ多くなっているという加害者側の勝手な理由

 

なども当院で交通事故による負傷だけど交通事故にしなかったケースとしてありました。

 

こんな時「すべてこっちの責任で面倒を見るから警察に連絡しないでほしい」と言われたり、

 

治療代にといわれ多少のお金をもらって、交通事故扱いにしなかったケースなどがあります。

 

この様なケースは後々面倒なことになる可能性があるので、

 

警察にとにかく連絡して現場検証をしてもらうということは

 

どんな些細な事故でも大切なことです。例えその時に痛みがなくても翌日になって

 

むちうち症などの痛みが発症するということも交通事故ではよくあることです。

投稿者: いのうえ整骨院

  • エキテン

新着情報

一覧へ >
2018/08/11
本日、8/11(土)山の日は午前中診療しています。お気軽にご予約お待ちしています。すで本日・・ご予約は午前中満員となっていますが予約が途切れるまで受け付けています。
2018/08/08
山梨県甲府市のいのうえ整骨院にエキテン口コミ740件目になる手のしびれについての当院患者様自身による治療のご感想をいただいています。手のしびれなどでお困りの人はご参考にしてください。
2018/08/05
足部の痛みや外傷・スポーツ障害でお困りの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院・いのうえ整体院にいただいているエキテン口コミ739件目は足部の痛みについてです。ぜひご覧ください。
2018/08/04
山梨県で椎間板ヘルニアにお悩みの方に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいている738件目のエキテン口コミは椎間板ヘルニア治療についてです。ご参考にご覧ください。
2018/08/03
山梨県でO脚にお悩みの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいているエキテン口コミ737件目「O脚腰痛」についての口コミをご参考ください。
  • 機材について
  • 院長ブログ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • 交通事故治療