2016.01.27更新

みなさん、こんにちは!

 

交通事故を自賠責を使って治療しなかったときはこの前お話した

 

「第3者傷害届」を提出して交通事故の治療を行なわないといけないことになります。

 

ただ、通常は保険会社が入らない限りはまず個人や加害者側で

 

「第3者傷害届」を提出して交通事故やむちうち症の治療を行なうことは

 

私の32年の治療家人生で1度もありません。

 

今迄も「第3者傷害届扱いで保険証を使った治療を・・・」と言われたことは

 

例えば事故で加害者側のケガを治療する時、その交通事故・むちうち症の治療が長引いて

 

自賠責から保険証の治療に切り替えた時など保険会社の担当から御願いされます。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院では現在来院患者さんの

 

ほぼ100%が自費での『仙骨バランス療法』による患者さんと

 

自賠責での交通事故・むちうち症患者さんという構成となっています。

 

ということで保険証を使った治療はたとえ『第3者障害届』の人でも

 

保健は保険なのでそのような自費や自賠責のような施術はできません。

 

保健で決まった電療と後療という山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院での

 

オリジナル整体である『仙骨バランス療法』とは全く異なる方法で行ないます。

 

ということでそんな患者さんには「近くの医療機関で診てもらうことをオススメします。」

 

とお伝えしてせっかくのご来院1度だけとりあえず

 

あくまで保険の施術範囲内で施術させていただきます。

投稿者: いのうえ整骨院

2016.01.20更新

みなさん、こんにちは!

 

加害者・被害者の合意の上で「大した怪我ではない」ということで

 

交通事故にしなかった場合、後々その時は「大した怪我ではない」ではない

 

と思っていたら「大した怪我」に後日なった場合、

 

この場合は当然その時は警察に届け出していなかったのだから

 

“交通事故扱い”には当然なりません。

 

“交通事故扱い”でなければ加害者の加入する自賠責保険や任意保健を使っての

 

損害賠償は受けることは当然できません。つまり、交通事故で負ったけが・むちうち症

 

の治療は自賠責保険や任意保健を使ってできないことになります。

 

もし、それから“交通事故扱い”にしようとすると後になって警察に届けるしか方法はありません。

 

しかし、そのあとになって加害者に話しても合意の上でしたことなので

 

また、時間が経過すると多くは「悪い事をした」という意識は少なくなるので

 

加害者が協力してくれることは難しくなります。

 

警察でもあまり時間が経過してしまうと加害者が協力して

 

交通事故の届け出をしても受理してくれないなんてことにもなります。

 

皆さん、交通事故の時はその時「大丈夫」と思っても警察に連絡しましょう。

投稿者: いのうえ整骨院

2016.01.13更新

みなさん、こんにちは!

 

交通事故を交通事故扱いにしなかったときに問題となることは

 

一番はやはりむちうち症などによる痛みということになるでしょう。

 

加害者・被害者間で「大した怪我ではない」ということで合意の上で

 

交通事故にしなかった場合、後々「大した怪我ではない」ではない

 

と思っていたら「大した怪我」に後日なった場合、これは問題です。

 

後々症状が発症→治るどころかだんだん悪くなる→いつまでも痛い。

 

こういったケースは多く、後遺障害が残るケースが少なくありません。

 

交通事故はめったに起きることではないので、

 

その時の心理としてはショックとビックリでアドレナリン状態・・・

 

本当は痛いはずの痛みもあまり感じない。

 

こんな状況に陥ることはやはり想像できることです。

 

この様なことが決して少なくない状況ではあるので

 

皆さん・・・どんな些細な交通事故であっても

 

そして、その時は「大した怪我ではない」と思われたとしても

 

警察を呼んで現場検証を行い“交通事故扱い”にすることは

 

交通事故に遭ったらおこなわないとトラブルの元です。

投稿者: いのうえ整骨院

2016.01.06更新

みなさん、こんにちは!

 

交通事故被害者になって、しかも加害者が良心的でない場合、

 

また、加害者側に支払い能力がない場合、その交通事故によってけがを負って

 

しまった時には当然病院等で治療を受けないとなりません。

 

そして、当然のことですが治療費が発生します。

 

その様な場合、被害者を救済する意味合いもあり、その時かかった治療費を一時的に

 

健保で立て替えるということを行なっています。

 

当院ではあまりというかお勧めしませんが健康保険で治療が行えます。

 

ただ、この場合速やかに「第3者行為による傷病の届け出」を

 

ご自分加入の健康保険組合に作成して提出しないとなりません。

 

通常の考えでは普通に万が一のことを考え、任意保険に加入していれば

 

加害者側の加入している損保の担当者がやってくれることを行なわないといけない。

 

こんな事もあります。そして、当然支払われるべき治療においての

 

交通費や慰謝料・休業補償などは誰が支払ってくれるでしょうか?

 

任意保険に加入していないあるいは何かの理由で相手を傷つけても

 

支払い能力のない人がその様な補償を自費でしてくれるでしょうか?

 

ぜひ皆さん、もしもの時に任意保険加入しておきましょう。

投稿者: いのうえ整骨院

  • エキテン

新着情報

一覧へ >
2018/08/11
本日、8/11(土)山の日は午前中診療しています。お気軽にご予約お待ちしています。すで本日・・ご予約は午前中満員となっていますが予約が途切れるまで受け付けています。
2018/08/08
山梨県甲府市のいのうえ整骨院にエキテン口コミ740件目になる手のしびれについての当院患者様自身による治療のご感想をいただいています。手のしびれなどでお困りの人はご参考にしてください。
2018/08/05
足部の痛みや外傷・スポーツ障害でお困りの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院・いのうえ整体院にいただいているエキテン口コミ739件目は足部の痛みについてです。ぜひご覧ください。
2018/08/04
山梨県で椎間板ヘルニアにお悩みの方に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいている738件目のエキテン口コミは椎間板ヘルニア治療についてです。ご参考にご覧ください。
2018/08/03
山梨県でO脚にお悩みの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいているエキテン口コミ737件目「O脚腰痛」についての口コミをご参考ください。
  • 機材について
  • 院長ブログ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • 交通事故治療