2016.05.30更新

A.山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院では

東洋医学と西洋医学を融合した治療の提供をしています。 

心体の予防・メンテナンスを考えると「東洋医学の考え」がとても重要となってきます。

 西洋医学的な考えは、

 例えば薬にしても、代謝を阻害する・・・

 熱がでれば、熱を下げる。血圧が上がれば下げる。痛みは鎮痛する。

 かゆみがあればかゆみを抑えるなど・・・・・。

原因にアプローチするのではなく、痛みや熱であればプロスタグランジンを抑え込む、

くしゃみや鼻水であれば、ヒスタミンを抑える。

対症療法となります。

当然抑え込むだけなので、薬の効果が消えると症状は再発してきます。

すると、また不快なので薬を使う、依存してくるということになります。

山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院の『仙骨バランス療法』は

安全で、効果のある根本治療を目指しています。

痛みや根本原因の歴史が長い場合、当然治療日数もかかることは予想されます。

ただ、人間は正常な細胞分裂を行っている限り、自然治癒力で治っていくのが当たり前です。

その力を引き出して健康な生活目指していきましょう!

投稿者: いのうえ整骨院

2016.05.23更新

A.山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院では「仙骨バランス療法」で

西洋医学・東洋医学を組み合わせた治療を行っています。

なぜ?東洋医学なのか?

いのうえ整骨院の『仙骨バランス療法』では西洋医学的診断を参考に

東洋医学的な考えを取り入れた治療を行なっています。

西洋・東洋をこだわらない治療法として、

提供させていただいている『仙骨バランス療法』

まず治療を行なう時、

西洋医学ではその痛み・不調の場所つまり局所の検査を行います。

一方、東洋医学は、その痛み、不調に対し心体全体から原因を特定します。

その原因をその部分を診る、全体から診る。

そして、治療もその部分だけに焦点を当てて治療する。

全身の状態から、最適な治療を導き出す。

こんな違いがあります。

そして、東洋医学では“未病”という考えがあります。

“未病”とはこのまま放っておけば、病気になってしまう。そんな状態‼

“未病”という考えは西洋医学ではありません。

そして、“未病”は ほとんどが西洋医学的検査ではわかりません。

日本人には今まで【皆保険制度】により、

予防・メンテナンスという考えが少なかった。といいます。

それは、「病気になってから、保険証を使って治せばいいや。」

という世界もうらやむ、【皆保険制度】のおかげだったといえます。

少子高齢化による、医療費の赤字の増大、TPP参加により、【皆保険制度】の崩壊を

予想している人もいます。

健康の意識を治す→

予防・メンテナンスにシフトしていかないといけない時代になっています。

投稿者: いのうえ整骨院

2016.05.16更新

A.山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院の『仙骨バランス療法』は

 

10年後の心体の健康を考える~というコンセプトをもとに

 

いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』

 

いのうえ整骨院で『仙骨バランス療法』を施術いただくことで、

 

10年後も同年代の人より健康、動きも軽やか。

 

困っている人を逆に助けてあげられる。

 

いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』は

 

痛み・不調の除去はもちろん、その痛み・不調の根本原因へ

 

のアプローチそれが、自律神経バランスであったり、

 

内臓経絡バランスであったり、心体のバランスであったり、

 

そして、その自律神経のバランスを崩す原因がストレスであれば、

 

そのストレスの原因にもアプローチするということを行っています。

 

その本当の原因の根本となるもの・・・・・。

 

これにアプローチしていないと、また痛み・不調は起こります。

 

逆に本当の原因の根本にアプローチすることにより、

 

痛み・不調がなく、仕事・勉強が集中でき、生活も快適に送れ、

 

趣味やスポーツを楽しめる。

 

こんなことが可能になるのでは!と思っています。

 

それが、ストレス解消・筋力低下予防にもつながり、

 

疾病予防・体力低下にもつながるという流れを考えたのが、

 

いのうえ整骨院オリジナル、オススメmethod『仙骨バランス療法』

 

ということになります。

 

つまり、痛み・不調の改善~根本原因の解消~メンテナンスまでの流れが

 

『仙骨バランス療法』ということになります。

 

『仙骨バランス療法』施術するに当たり、

 

日常生活で気になること、不便を感じることは、その都度

 

次回『仙骨バランス療法』施術時にお話しください。

 

その“気になること”“不便を感じること”についての対策を考え、提案させていただきます。

 

遠慮なさらずお話しください。

 

 

投稿者: いのうえ整骨院

2016.05.09更新

A.山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院では

眠れないほどの痛みに対しては鎮痛剤の使用もやむなし

と考えますが・・・

【痛み】に対しての鎮痛剤の使用はいかがでしょう。

通常の痛み止めは、プロスタグランジン分泌を抑え込むために

血管を収縮させ、

体を冷やして痛みを感じさせなくする。

そして、体を冷やすには、交感神経が緊張、

アドレナリン分泌という状態となります。

つまり、血管を収縮・体を冷やす・交感神経が緊張させるという

自然治癒力を促進させる方向と

全く逆な反応を身体に起こさせます。

そして、厄介なのは、アドレナリンの作用、

痛み止めを飲んで、ご自分の心理状態を振り返ると、

痛み止めが効いてくるころには、

いつもより妙に気分がハイテンション・・・。

こんなことに気づきませんか?アドレナリンが分泌されるので、

いつもより仕事に気合が入る。集中できる。なんて

ちょっと痛いくらいで、鎮痛薬服用という危険性もあります。

・・・怖い事です。

ただ、痛みはつらいものです。

『仙骨バランス療法』では一刻も早い除痛努力しています。

投稿者: いのうえ整骨院

2016.05.02更新

A.山梨県甲府市のいのうえ整骨院・整体院では「痛み」について・・・

なぜ?痛いのか?【痛みについて】

人間にとって【痛み】は必要だと思いますか?

 

もし?人間が痛みを感じなかったらどうなるのでしょうか?

歩き始めの子供も、転ぶと痛いを学習し、痛いから転ばないようにと、上手に歩くこと

努力します。

スポーツ中に骨折しても痛みを感じなければ、競技を続行。結果とんでもないダメージ

となってしまうでしょう。

 

急性の痛みでも、そこで処置をする合図となります。

慢性の痛みでは、痛みが増す時は休息・安静の信号となります。

 

関節の痛みでなくても、例えば胃の痛み、食べ過ぎ?疲れ?ストレス?という信号です。

 

人間にとって不必要な痛みは「がんの末期の痛み」くらいでは?

と私は思っていましたが、この末期がんの痛みは抗がん剤・放射線・手術による痛み

という説もあるようです。

 

痛みはその場所に何か異変が起きると、プロスタグランジンの化学変化が起こります。

アレルギー反応によるヒスタミンの化学反応と同じです。

体が炎症・アレルギー反応と闘っている証拠なのです。

その結果が痛みという不快な感覚、アレルギーであれば、くしゃみやかゆみとなります。

 

【痛み】に対して、いのうえ整骨院『仙骨バランス療法』での考えは、

自然治癒力を利用した【痛み】の改善になります。

自然治癒力を高めるために自律神経バランスを調整することは治癒促進に役立ちます。

神経伝達・筋力・エネルギー・内臓経絡・筋・身体バランス然りとなります。

投稿者: いのうえ整骨院

  • エキテン

新着情報

一覧へ >
2018/08/11
本日、8/11(土)山の日は午前中診療しています。お気軽にご予約お待ちしています。すで本日・・ご予約は午前中満員となっていますが予約が途切れるまで受け付けています。
2018/08/08
山梨県甲府市のいのうえ整骨院にエキテン口コミ740件目になる手のしびれについての当院患者様自身による治療のご感想をいただいています。手のしびれなどでお困りの人はご参考にしてください。
2018/08/05
足部の痛みや外傷・スポーツ障害でお困りの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院・いのうえ整体院にいただいているエキテン口コミ739件目は足部の痛みについてです。ぜひご覧ください。
2018/08/04
山梨県で椎間板ヘルニアにお悩みの方に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいている738件目のエキテン口コミは椎間板ヘルニア治療についてです。ご参考にご覧ください。
2018/08/03
山梨県でO脚にお悩みの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいているエキテン口コミ737件目「O脚腰痛」についての口コミをご参考ください。
  • 機材について
  • 院長ブログ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • 交通事故治療