顎関節症でお悩みの方へ

顎関節症とは

それでは顎関節症とは、何か?顎の不調をまとめての総称ということになるのですが、口を開けるときの痛み、逆に閉じるときの痛み、歯医者さんなどでずっと口をあけているとつらい。
食べるとき「カクッ」と音が気になる。以前より開かなくなった。片方の奥歯では咬みたくない等。
症状は様々なのですが、あごの不調ということになるのですが、その顎周辺、舌の筋肉、顔面の神経などが密接に関係してきます。

顎関節症の原因

まず、硬い物を食べなくなり、あごを動かす筋肉が低下してきていることが一つです。
ストレスが歯周病に関係するといわれる通り、あごにもストレスによる血流障害関係します。
また、近年の子供たちのモデルさんのような“小顔”当然顎も小さくなります。そのモデルさんのような“小顔”と引き換えに、顎関節の痛みや歯科矯正が必要になるのかもしれません。
また、老化による頭蓋骨の萎縮も高齢になってからの顎の痛み関係してくるようです。

顎関節症の症状

□お口を開けるとき痛い
□噛みしめるとき痛い
□食べるとき痛い
□いつも片側で噛んでいる
□肩や首筋がこる
□疲れやすい
□寝起きが悪い など

顎関節症をほうっておくとどうなる?

この状態がひどくなる、長期化すると口の開きが少なくなり、今まで食べられていたものが、食べられなくなる。
こんな状態になってきます。

いのうえ整骨院での顎関節症の施術

顎関節症においても、いのうえ整骨院では『仙骨バランス療法』で施術を行ないます。
骨盤を調整しながら、7つのバランスを整えながら、局所の顎の部分へのアプローチとなります。
顎の関節の痛みといっても、原因は顎の関節だけではありません。
首に付着する、口を動かすときに使う筋肉胸鎖乳突筋という首にある筋肉への施術も大切です。
どうしても悪い方側で噛みたくないので、舌で食物を健側によけるので、舌を動かす舌骨下筋などへの施術も必要となります。
また、あごの筋肉へのアプローチとしての咬む筋肉、咬筋への施術も当然必要となります。
このように、顎関節は顔面、頭への注意深いアプローチをしながら『仙骨バランス療法』を行っていきます。
ストレスも多分に影響してくるので、食いしばるときに動く側頭筋や首筋への負担から後頭筋への施術、と施術部位も多様化していくのですが、ひどくならないうちのケアが必要となります。
いのうえ整骨院では、顎関節の施術負担とならない優しい施術がBESTと考えています。

  • エキテン

新着情報

一覧へ >
2018/08/11
本日、8/11(土)山の日は午前中診療しています。お気軽にご予約お待ちしています。すで本日・・ご予約は午前中満員となっていますが予約が途切れるまで受け付けています。
2018/08/08
山梨県甲府市のいのうえ整骨院にエキテン口コミ740件目になる手のしびれについての当院患者様自身による治療のご感想をいただいています。手のしびれなどでお困りの人はご参考にしてください。
2018/08/05
足部の痛みや外傷・スポーツ障害でお困りの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院・いのうえ整体院にいただいているエキテン口コミ739件目は足部の痛みについてです。ぜひご覧ください。
2018/08/04
山梨県で椎間板ヘルニアにお悩みの方に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいている738件目のエキテン口コミは椎間板ヘルニア治療についてです。ご参考にご覧ください。
2018/08/03
山梨県でO脚にお悩みの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいているエキテン口コミ737件目「O脚腰痛」についての口コミをご参考ください。
  • 機材について
  • 院長ブログ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • 交通事故治療