スポーツ障害でお悩みの方へ

スポーツ障害でお悩みの方へ

スポーツを行っていて、他の学生には同じスポーツをしていても起こらないのに、
なぜ自分だけ痛みが生じたのか?というご経験があるのではないでしょうか?

例えば、シンスプリントという足の脛の障害がその代表として
挙げられます。

これは、人それぞれ身体の使い方が違う為、負担がかかる場所も異なるわけです。
冒頭にあるケースは、このような身体に歪みがあるために引き起こされるというものです。

ですから、局所の治療だけ行っていたけれども、
なかなか改善が見られないということも起こりうるのです。

そのような方が、いのうえ整骨院で『仙骨バランス療法』を行うと
症状が改善するということがあります。

つまり、スポーツ障害を根本的に改善する場合、
痛みの部位+バランス調整が大切となります。

スポーツ障害とは

ここでは外相と分けてOVERRUSE症候群(使い過ぎ)をスポーツ障害としています。
ほとんどが繰り返す外力、反復した身体運動で起こるので、そのスポーツ特有という傷病名も多くあります。
同じ運動外力による筋肉の引張による、骨の付着部の炎症を
スポーツ障害といいます。

スポーツ障害の原因

ほとんどの場合、OVERRUSEにより、発症します。
また、熱心に・ハードに練習する場合に起こるので、どうしても
練習を自粛することができず、
治りにくい、悪化するほとんどの場合、OVERRUSEにより発症します。

また、熱心に・ハードに練習する場合に起こるので、どうしても
練習を自粛することができず、
治りにくい、悪化するというパターンが当てはまるのが、
スポーツ障害といえます。

スポーツ障害を放っておくとどうなる?

スポーツ障害の問題は、放っておくというより、
練習が休めないという心理状態があるかと思います。
まず『勇気をもって休むこと!』が大切です。
使い過ぎで発症は、同じことをしていては、
治るものも治らないのがこれまでの臨床上の経験から
言えます。

悪化する過程は⇒練習の後だけ痛い⇒練習中も痛い⇒常に痛い

と悪化していきます。それからの治療では治療までに
長期間かかります。
外傷もまず昔からのTRADITIONALな治療法が原則です。

RICE処置・・・Rest・Icing・Compression・Elevationの頭文字をとりRICE処置といいます。

つまり、安静・冷やす・圧迫・拳上ということになるのですが、
当院での急性期の治療は少々違います。
1に安静、2に圧迫、3が冷やす、4が拳上が当院順位です。

よく、「骨に異常がないといわれ、湿布をもらったので、貼っていたのですが、少しも腫れが取れないのですが
なかなか痛みが無くならないのですか?」と来院される人がいます。
湿布だけを貼っていても、外傷は慢性化して治りにくくなるだけです。
適切な処置が必要となります。

 

いのうえ整骨院でのスポーツ障害の施術

当院では、多くのプロスポーツ選手がけがや体調維持に使用している
微弱電流・スーパーライザーや『仙骨バランス療法』において施術を行います。

微弱電流はその人の心体に合わせ、細かい微調整が可能な、
最新フラッグシップモデルである’’ソーマダインアクシー’’を設置しています。

スーパーライザーも最新・最高出力機種スーパーライザーPXを設置しています。
出力が段違いに高い(従来機種の5倍)ので、服の上からでもより深部の治療を短期間で行えます。

※スーパーライザー、ソーマダインを使用する『仙骨バランス療法』は保険適用外治療となっています。

 

 

ここに代表的なスポーツ障害を列挙させていただきます。(部位別)

■インピンジメント症候群
いわゆる投球肩障害・投球動作で腕を後ろに引いた時の痛み。
靭帯や腱板が炎症をお越し、摩擦を起こす。

■骨液包炎
肩関節には摩擦を軽減する為の袋があり、
靭帯・上腕骨頭・腱板の間にあります。
骨液包中には少量の液体が含まれ、その骨液包の摩擦・関節液が異常にたまり
痛みを生じる、肩が引っ掛かる症状


■腱板疲労
肩関節は4筋で構成される腱板という機構で肩の関節を安定させています、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋という4筋が使い過ぎにより、
腱板疲労が生じることがあります。
症状としては地面と平行位の拳上確度でのいたみ。
なお腱板は転倒肩を強打等外傷により断裂する事もあります。


■上腕二頭筋腱損傷
テニスのサービスやスマッシュの際に肩の全面や真ん中に痛みが生じる人はこの上腕二頭筋腱の損傷が疑われます。
上腕二頭筋は肘をまげるとできる’’力こぶ’を作る筋肉でその方に付着している腱の痛みとなります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
肩の関節は関節の可動域の非常に大きな関節です。また、肩甲骨と一緒に動くので、
その肩関節-肩甲骨の動きを上腕-肩甲リズムといい、正常な上腕-肩甲リズムは2:1といわれます。そのようなバランスの崩れも肩のOVERRUSEの痛みにつながります。

 

■野球肘
最初は肘の内側から痛みが始まる事が多く、その後外側も痛くなり、
だんだん肘が曲がりにくくなる。

 

 

■テニス肘・ゴルフ肘
スポーツ障害であるのですが
仕事・家事仕事での使い過ぎから発症するので
腱鞘炎の欄に載せています。

 

 

■膝蓋靭帯炎
ジャンプを繰り返す競技(バレーボールや走り幅跳びなど)に起こり、
膝のお皿のあたりに痛み、だんだん痛みは増強します。

別名ジャンパーズ・ニーといい、
ちょうどお皿(膝蓋骨)の上・下端部に大腿四頭筋の大きな引っ張り力が
発生します。その繰り返しの外力により、膝蓋靭帯に炎症がおこったり、
靭帯の繊維の一部が断裂する事により痛みが生じます。
ちなみに、この部分にかかる負担はランニングで700Kg、ジャンプなどで1,000Kgといわれています。

 

■腸脳靭帯炎

長距離ランナーに多く、膝の外側で腸脳靭帯が炎症。摩擦による痛み。
久しぶりにランニングをはじめた。
環境の異なるところ(坂道など)でのトレーニングをはじめた。
こんな時に発症する事が多くみられます。
この腸脳靭帯と大腿骨の出っ張りがこすれ合う事により、
痛める事になります。


■オスグットシュラッター病

小学5年生から中学2年生くらいの学生で、スポーツを一生懸命行っている、
ちょうど身長が伸び盛りの子供に好発。
膝のお皿の2~3cm下の部分に圧痛を認める。大腿四頭筋の付着部には、
走ったり、ジャンプしたり、ボールを蹴ったりするときおよそ400~600kgの張力がかかるといわれます。
またもう一つの原因として、身長が著しく伸びる時に、
骨の伸びに筋肉の成長がついていけず、
骨の付着部が筋肉に引っ張られ発症するといわれます。

 

■鵞足炎
がそくえんと読みます。聞きなれない言葉のようですが、日常膝の痛みとして、よくみられます。
脳骨の部分に鵞足というぶぶんがありそこには縫工筋・薄筋・半腱様筋の膝を曲げる筋肉が付着しています。
ジョギングなど膝を曲げ伸ばしする運動や変形性関節症にも合併して見られます。

 

 

下腿

■シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
脛骨の下から1/3部分に好発します。原因はOVERRUSEによるものなのですが、足を着地させた脛の確度にも関係するようです。
走る、飛び跳ねるから着地の際にヒラメ筋という付着部の骨の骨膜にストレスがかかり、
その許容を超えてしまうと炎症が起こります。


■アキレス腱周囲炎・アキレス腱炎
運動により、アキレス腱に過剰な牽引力が繰り返し、長時間かかることによる、
使い過ぎにより、炎症を起こします。ふくらはぎの筋肉の筋力低下・柔軟性の欠如も原因となるようです。
アキレス腱のかかとの骨についている2~6cm上部の痛み、また捻髪音というギシギシした音を聞くときもあります。


■脛骨筋腱の腱鞘炎
外くるぶしの痛み、サッカーなどでは、キックの時に痛む、この脛骨筋腱は腱が外れないように、
脛が通る、靭帯のトンネル(支帯といいます)があるのですが、腱がその支帯での摩擦が限界を超える事により
発症します。

 

 

足部

■足底腱膜炎(足底筋膜園)
長距離を走る人に大井。
最初は土踏まずの所を足の親指をそらし、
腱が浮いてくるのを抑えると痛い。
ランニング、ジャンプにより、足に体重がかかった時、
足底筋膜にストレスがかかります。
特に足の指が反るようなストレスでは、負担がかかりやすく、
土踏まずから、踵あたりまでの痛みが起こります。
その人の土踏まずのアーチの高い、低いにも影響するようです。

■有痛性外脛骨・後脛骨筋腱炎
これは女子に多いといわれる障害で、有痛性外脛骨は元々ある舟状骨という、
足の内側の土踏まずのちょっと上にある小さな骨に、その人によって外脛骨というさらに小さな骨が付着している事があります。
その余分な小さい骨、外脛骨が繰り返しの、後脛骨筋による引張、
靴がその外脛骨部分に当たる事により炎症を起こします。
同じ場所が痛む、後脛骨筋炎ですが、こちらの痛みは外脛骨を有しない人がやはり、
元々の足のアーチ形状という状態が後脛骨筋の引っ張りストレスをうけ、発症します。

■踵部滑液胞炎

かかとの後ろの部分の痛みからはじまり、我慢してスポーツを続けていると、だんだんその部分が腫れて盛り上がってきます。
スキーのクロスカントリー、スケート、長距離ランナーに多く見られます。スキー、スケートということで推測でするかと思われますが、靴と踵の後ろが長期間、繰り返しの摩擦により炎症を起こすことが考えられます。

最近増加しているスポーツ障害・・・グローインペイン症候群

サッカー人口の急増にともない、股関節・鼠蹊部・恥骨周辺の痛みを訴える中高生がいのうえ整骨院にも多く来院されます。
この傷病名を知らないと、また発生起点がわからないと、捻挫といわれたり、せっかく良くなっても、、、予防法を知らないとまた痛み出現!になりかねません。

■グローインペインシンドロームとは?

これはあるサッカー選手の実話のようですが、その選手が慢性的な披露と鼠径部(そけいぶ=足のつけ根)の痛みを訴え長期離脱を決断、本当なら司令塔として、試合に出るはずでしたが観覧席で試合を観戦していました。
チームドクターから受けた診断名は『グローインペインシンドローム』開き慣れない病名ですがサッカー選手に多発するために、最近新たにつけられた病名です。多くの有名選手の引退の原因になっているといわれます。

■グローインペインシンドローム⇒日本語では鼠径周辺部症候群

グローペインシンドロームの枠には、1大腿内転筋付着部炎、2腹直筋付着部炎、3大腿直筋炎、4腸腰筋炎、5スポーツヘルニア、6恥骨結合炎などがあります。

■グローインペインシンドロームの治療

グローインペインシンドロームの原因はサッカー選手などが急激なダッシュや切り返しを繰り返すことにより骨盤に付着する筋肉が過剰に収縮し、骨、腱筋肉に負担がかかることが原因となります。
当然骨盤の歪みが生じます。骨盤の調整が必要となります。
当院では『仙骨バランス療法』により骨盤調整と7つのバランス調整を行っています。
また、ふともも、腰等の筋力の低下がでる場合がほとんどなので筋力のリプログラミング(再教育)等リハビリを含め軽症2週間、重症3ヶ月の安静治療が必要となります。
脚の付け根に痛み、違和感を感じたら早めの治療が大事です。

■グローインペインとなる疾患

グローインペインは症候群なので、鼠蹊部周辺痛の総称になります。

1大腿内転筋付着部炎・・・
脚を内側に閉じる大腿内転筋の炎症。内転筋は恥骨結合に付着。


2腹直筋付着部炎・・・
腹直筋とは腹の前面にある、腹筋のこと。腹直筋は肋骨の前面から恥骨結合に付着しています。内転筋も腹直筋も恥骨に付着するので、その筋肉に負担がかかりすぎると恥骨に炎症が生じます。サッカーの場合は内転筋によって脚の内側にボールをキープし、腹直筋により急激なダッシュを繰り返すことにより、筋肉の付着部である恥骨が内転筋・腹直筋によって引っ張られ、炎症を起こします。


3大腿直筋炎・・・
大腿直筋はふとももの前面にある大腿四頭筋のひとつで骨盤の前面~膝のお皿下に付着してます。

4腸腰筋炎・・・
腸腰筋とは腸骨筋と大腰筋の複合筋です。腸骨筋は骨盤の内側前面から股関節の内側に付着し、大腰筋は腰椎の前面から股関節の内側に付着しています。大腿直筋と腸腰筋はボールを蹴るためと走るために使われます。ドリブルでゴール前までボールを運び、そのままシュートを打つときなど、大腿直筋と腸腰筋に過大なストレスがかかります。大腿直筋炎と腸腰筋炎の場合は筋肉の付着部の骨が炎症を起こすのではなく、筋肉または腱そのものが炎症を起こしてしまうのです。

5スポーツヘルニア・・・
よく耳にするのは「椎間板ヘルニア」、鼠径ヘルニア(脱腸)」でしょう。ヘルニアとはラテン語で脱出するという意味です。『スポーツヘルニア』は鼠径ヘルニアに似ていますが腸が飛び出すと言うものではなく、鼠径部に腹圧がかかった場合に鼠径管、その周辺の組織を圧迫することで発症します。以前はセリアAやプレミアリーグの選手も手術を行いましたが、現在は股関節の周囲筋の筋力回復を図ることで治癒することがわかってきました。

6恥骨結合炎・・・
サッカーの選手がダッシュや切り返しを繰り返すことによって左右の恥骨が上下に引っ張られ、恥骨の結合軟骨に炎症を起こすことを恥骨結合炎といいます。以前あるJリーグ選手がこの障害に羅患し、一躍有名になった疾患です。症状は恥骨から太ももにかけて痛みを発し、走ることはおろか、歩くこともままならなくなります。圧倒的に女性より男性に多い疾患なのですが、その理由は未だ解明されていません。

■どんなスポーツ種目におこるか

ある統計によるとグローインペインシンドロームは、68%にあたる274名がさkk-選手であることが判明し、以下ラグビー7%、アメフト4%、長距離4%と長距離4%と競技人口の差もありますが圧倒的にサッカー選手に多発しています。最近は小中学生にもグローインペインシンドロームはみられ低年齢化の原因として、サッカーのプレイ技術が格段に向上し、小中学生でも高度な技術でプレイしていることが挙げられます。

外傷について

いのうえ整骨院で保険証を使い治療できる痛みの急性外傷、急性と慢性の堺は難しいので、とりあえず、ご予約、来院されての判断となります。

整骨院における外傷とは、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷ということになり、この5傷病が整骨院で保険証を使っての治療ができるものとなります。

※骨折・脱臼は医師の同意のもと治療可能です。

外傷とスポーツ障害・腱鞘炎をわけて、ご説明しているのは、スポーツ障害や腱鞘炎は繰り返す外力により炎症をおこす、外傷は明らかな、店頭、捻る、ぶつけるなど原因がきわめて明瞭なものとなります。

また、外傷とスポーツ障害、腱鞘炎等の症状も明らかな違いがある場合が多く、捻挫や肉離れなどは腫脹・熱感・内出血など、動かすと痛いなど急性炎症症状と認めます。

ソーマダインアクシーの外観と患部へのアプローチ例となります。

微弱電流の外傷への効果としては、細胞を活性させる作用があります。

人間の『自然治癒力』は受傷から2日までが、最高となり、それ以降は激減します。ソーマダインは、そのケガを治そうと、細胞から微弱な電流がでる自然治癒力の力を。助ける力があるので、極端に下がった、治癒力を再び活性化します。

スーパーライザーは、身体の深部まで届くように考えられた、光線治療器で、痛いところの血行を促進、痛みの元を洗い流してくれます。

神経にも直接作用する方法もあるので、痛みを和らげ、健康増進を図ることができ、ストレスなどで緊張している、神経を平常な状態に戻してくれます。

スーパーライザーは血管の拡張、生体活性物質の生産促進、神経興奮性の抑制などに関与し、鎮痛・消炎・創傷治癒に効果があります。

ソーマダイン、スーパーライザーともに、スポーツ分野でも、高い実績があり、プロ野球、Jリーグ、各種スポーツイベントにも使用されています。

「X線検査で異常なしと言われ、シップだけ貼っていたのですが、なかなか治らないので受診しました。」よく、こんな人がいのうえ整骨院にはやってきます。

当院では超音波軟骨組織観察をエコーを使って行っています。エコー観察は、筋肉、靭帯等軟部組織の観察も詳細にできます。靭帯を痛めた、筋肉を痛めたなどはレントゲンではわかりません。

いのうえ整骨院では、これまでも、スポーツ障害がなかなか治らずに、当院に来院。骨盤調整を行いながら、患部にアプローチすると、治っていく。ということを度々経験しています。心体バランスを調整しながらの局所アプローチがスポーツ障害にも大切です。

ソーマダイン、スーパーライザーともに、スポーツ分野でも、高い実績があり、プロ野球、Jリーグ、各種スポーツイベントにも使用されています。

いのうえ整骨院では、『スポーツ選手のケガが奇跡的に早期回復!』と10年以上前からケガを早期治癒させるStandard Methodとして定着している【酸素カプセル】も設置しています。実際、この選手、【微弱電流】も併用していたらしいのですが・・・。

  • エキテン

新着情報

一覧へ >
2018/08/11
本日、8/11(土)山の日は午前中診療しています。お気軽にご予約お待ちしています。すで本日・・ご予約は午前中満員となっていますが予約が途切れるまで受け付けています。
2018/08/08
山梨県甲府市のいのうえ整骨院にエキテン口コミ740件目になる手のしびれについての当院患者様自身による治療のご感想をいただいています。手のしびれなどでお困りの人はご参考にしてください。
2018/08/05
足部の痛みや外傷・スポーツ障害でお困りの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院・いのうえ整体院にいただいているエキテン口コミ739件目は足部の痛みについてです。ぜひご覧ください。
2018/08/04
山梨県で椎間板ヘルニアにお悩みの方に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいている738件目のエキテン口コミは椎間板ヘルニア治療についてです。ご参考にご覧ください。
2018/08/03
山梨県でO脚にお悩みの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいているエキテン口コミ737件目「O脚腰痛」についての口コミをご参考ください。
  • 機材について
  • 院長ブログ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • 交通事故治療