2018.10.15更新

 

「生理痛で腰痛が生じたり、頭痛が起こったりして困る。」

 

という方がいのうえ整骨院には多く来院頂いています。

 

一言に「生理痛」と言ってもその痛みや不調の度合いや状態はその人によって

 

大きく違います。

 

「生理痛」は「学生の頃は生理痛があった。」という人もいれば

 

「大人になってから婦人科系の病気をしてからひどくなった。」という人など様々と言えます。

 

まだ、子宮が未発達な状態であったり、

 

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気があると痛みは強くなってしまいます。

 

また、冷え性などの血流が悪い人、

 

ストレスなどにより、自律神経のバランスが崩れている人には

 

「生理痛」が起こりやすくなったり、状態が悪化したりすることが多くあります。

 

ここで「身体の冷え」はとても重要なことと言えます。

 

人間は身体が冷えると

 

「今の自分の体温をそれ以上下げないように」という反応が起こり、

 

「自律神経の交感神経を過緊張させて血管を収縮させます。」冷えによるストレス状態と言えます。

 

「人間は夏などで気温が暑いと血管を拡張させ体温の上昇を抑えます。」副交感神経状態

 

「冬では気温が低く、それ以上体温を外に逃がしたくない。」交感神経状態

 

そのような季節の変化がなくても、「冷え」がある人は

 

長期的に交感神経を過緊張状態にしていることも考えられます。

 

また、いのうえ整骨院では

 

自律神経の中枢が視床下部というところにあるという事を考えると

 

内分泌(ホルモン)、免疫系も視床下部に中枢があるので

 

「自律神経・内分泌(ホルモン)・免疫系は深く関係しますよ。」と皆さんにお伝えしています。

 

また、「その3つのどれかが調子を崩すと他の2つも調子が悪くなりますよ。」とお伝えしています。

 

このようなことを考えていくと

 

「冷え」から生じる自律神経へのストレス

 

また、自律神経のバランスの不調から生じることも考えられる内分泌(ホルモン)への影響

 

という視点から考えると「冷え」を上手にコントロールしていくことは

 

「生理痛」を施術していくためにとても重要と言えます。

 

いのうえ整骨院に「生理痛」を訴え来院される人に状態をお聞きすると

 

結構「冷え性です。」と訴える人は多くいます。

 

いのうえ整骨院ではナノパルスによる自律神経測定を行います。

 

その測定値には身体深部温度も測定されるので

 

深部体温が低い方、のぼせ型の下半身冷え性の方、末梢の冷え性の方という

 

3種類の冷え性の方に対して、

 

いのうえ整骨院では仙骨バランスアプローチ(いのうえmethod)の考え方である

 

全身的に冷え性の調性をしながら、局所的なアプローチを行っています。

 

例えば、「生理痛」で腰が痛いという人に対しては腰痛に対する局所的施術を行います。

 

肩こりや頭痛に対しても同様で全身的に「冷え性」の調性を行いながら

 

局所的に首コリや肩こり、頭痛へのアプローチを行います。

 

全身的「冷え性」アプローチとしては

 

「マイルドホットウェーブ」という機器を使い、HSP(ヒートショックプロテイン)という

 

「修復たんぱく質」の働きを上げていくアプローチにより

 

リンパ節をねらった施術によりリンパ血流を改善しています。

 

「メディストーンベッド」での全身的「冷え性」調整としては

 

遠赤外線の成長育成光線を使った深部温熱アプローチに

 

マイナスイオンによるリラックス効果、

 

薬石フィールドによる活性酸素抑制を行います。

 

いづれもスーパーライザーによる自律神経調整を並行して行います。

 

「生理痛」でお困りの人は山梨県甲府市のいのうえ整骨院で

 

一度「冷え性」からのアプローチもお試しください。

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.14更新

 

いのうえ整骨院には「肩こりや首コリにより頭痛もひどくなって困る。」

 

という方が多く来院されます。その比率もかなり多くなっています。

 

もともと、肩コリは人間の感じる不調としては

 

女性では1位(2位は腰痛)、男性では2位(1位は腰痛)という調査結果もあります。

 

いのうえ整骨院にも腰痛・肩コリで通ってこられる人は多く、

 

肩こりも頭痛や吐き気・耳鳴り・めまいなどを伴う人も少なくありません。

 

肩こりから起きる頭痛では後頭神経が大きく関与すると考えられます。

 

後頭神経は大後頭神経と小後頭神経とに分けられます。

 

そして、大後頭神経の過緊張がら生じる肩こり~頭痛では

 

姿勢が大きく関与してくるといわれています。

 

現代社会ではパソコンを使っての仕事が急増しています。

 

また、スマホの普及率もものすごい勢いで普及してしまいました。

 

このパソコンやスマホなどのうつむいた、首を下げた姿勢を取り続けてしまうことで

 

頭の重さにより後頸部には引っ張りのストレスがかかり、

 

大後頭神経は過緊張状態が続いてしまいます。

 

頸部の筋肉は元々あまり強くありません。

 

その筋力的には強くない頸部におよそ6~7㎏あるといわれる頭部が

 

近頃は急増しているストレートネックや猫背によって、

 

本来の人間の持つ生理的カーブが背骨にあればよいのですが

 

ストレートネックや猫背の人では後頭神経に大きく負担となってしまいます。

 

大後頭神経から生じる頭痛ではストレスや疲労にも大きく関係します。

 

ストレス状態や疲労の蓄積により

 

大後頭神経が過緊張状態となり、

 

後頭神経が全体的に緊張してしまい、大後頭神経は頭部側だけでなく、

 

頸部や肩部にも走行しているので、頸部~肩部の僧帽筋上部繊維や頭板状筋、頸半棘筋、

 

棘上筋などが硬くなり、締め付けが生じてしまいます。

 

筋肉が過剰に収縮してしまうことで血流が悪化し、酸素供給も悪くなります。

 

血流や酸素供給の悪化により、頭痛も起こりやすくなりますが

 

大後頭神経の関係した頭痛では姿勢を矯正すること、

 

自律神経の調性を行い、ストレスの蓄積を少なくしていくことが大切です。

 

いのうえ整骨院では立体動体波という機器で姿勢の矯正を行います。

 

また、自宅で行えるストレートネックや猫背の矯正体操等のご指導も行っています。

 

姿勢を矯正するためには姿勢を正しくできるための

 

筋肉がしっかりと正しく使えることが大切です。

 

また、頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個と腰椎~仙骨間の腰仙関節が

 

分節的に1つ1つ動くことが大切です。

 

その様な椎骨間の分節的な運動は体幹がしっかり働くためにも大切です。

 

自律神経を調整してストレスや疲労を取り除くことも大切になります。

 

いのうえ整骨院では仙骨バランスアプローチ(いのうえmethod)で

 

全身的にスーパーライザーの星状神経節照射等を行い、

 

大後頭神経の過緊張による頭痛の施術も行います。

 

肩こり・首コリ~頭痛でお悩みの人は

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院にお気軽にご相談ください。

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.12更新

みなさん、おはようございます。

 

本日は曇り空ですが雨は大丈夫でしょうか?

 

本日は皆様の多くの方にお悩みとなる肩こり~頭痛についての

 

いのうえ整骨院の施術についてです。

 

まず、肩こりや頭痛で整形外科等に行って、レントゲンなどで検査すると

 

肩こりや首痛から生じる頭痛はストレートネックなどに

 

「骨格のゆがみ」を探していくことになります。

 

パソコン仕事の増加やスマホの普及によって、首や肩に負担がかかることは

 

一昔前までとは比べ物にならないといっていいと思われます。

 

パソコンやスマホによる肩こりや首痛は頭痛や眼精疲労等を引き起こします。

 

頭痛には片頭痛や群発性頭痛、アレルギーによるヒスタミンによる頭痛や

 

三叉神経などから生じる頭痛などに分けられますが

 

肩こりや首コリから生じる頭痛は筋緊張型頭痛といわれるものが多くなります。

 

筋肉緊張型頭痛も肩コリ型筋肉緊張型頭痛(日本人に多い型)

 

ストレス型筋肉緊張型頭痛(頭痛はそれほどひどくならないケースが多い)

 

片頭痛型筋肉緊張型頭痛(片頭痛のような態様の頭痛)

 

と3種類に分けられますが

 

肩こり型筋肉緊張型頭痛では

 

後頭部の髪の毛の生え際に圧痛点がある場合が多く、

 

その場所は解剖学的に後頭神経が走行しています。後頭神経は大後頭神経と小後頭神経に

 

分けられますが大後頭神経は頭の方に(後頭筋という後頭部の筋肉)まで走行していますが

 

肩部の方向にも走行し、非常にデリケートな神経といわれています。

 

この大後頭神経に過緊張が生じると首や肩そして、頭に「キリキリ」という

 

刺し込むような通常感じる「肩こり」や「首こり」よりも強い症状が現れます。

 

いのうえ整骨院ではこのような「大後頭神経痛」を伴う

 

肩こりや首コリに対してのアプローチも行います。

 

「大後頭神経痛」を伴う「肩こり」や「首こり」では神経の過緊張が生じるので

 

首の付け根(髪の毛の生え際)をもんだりしたくなりますが

 

あまり強い刺激をいれてしまうとかえって神経の過緊張が生じていしまうことが考えられます。

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院で行う「大後頭神経痛」を伴う「肩こり」や「首こり」アプローチでは

 

ハイボルテージを使った「大後頭神経痛」を伴う「大後頭神経」への施術を行います。

 

前回の当いのうえ整骨院ブログをお読みになった方は

 

「えっ?ハイボールテージ通電は非常に強い電気を流すのでは・・」と思うと考えられますが

 

ハイボルテージアプローチは電流(高電圧)のモードが変えられるので

 

ソフトに高電圧が流せることができます。

 

「キリキリ」とした頭痛を伴った強い「首コリ」や「肩こり」でお困りの人は

 

山梨県甲府市のいのうえ整骨院にお気軽にご相談お待ちしています。

 

肩こり・首コリ~頭痛へのアプローチを行ういのうえ整骨院がお送りしました。

 

柔道整復師・いのうえ整骨院・井上一仁

 

 

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.11更新

 

みなさん、こんばんは!

 

山梨県甲府市にあるいのうえ整骨院です。

 

いのうえ整骨院には皆様の長年の腰痛や肩こり、関節痛や

 

使いすぎによる痛みや不調に対する施術としてハイボルテージアプローチを行っています。

 

痛みや不調が長期になるほど、繰り返す負担により痛みが生じるほど

 

筋肉の深部や奥にある靭帯などの軟部組織や神経に不調が生じることも考えられます。

 

その様な身体の深い部分の疼痛や不調に対して

 

いのうえ整骨院ではスーパーライザーやライズトロンといった深部へのアプローチができる

 

機械を使って、腰痛や肩こり、関節痛や使いすぎによる腱鞘炎やスポーツ障害の

 

施術を進めていきます。

 

身体深部や筋肉(インナーマッスル)の施術ができる機器として

 

ハイボルテージをいのうえ整骨院では設置しています。

 

ハイボルテージは通常の低周波機器では皮膚抵抗で「ピリピリ痛くて流せないような

 

大きな電流を高電圧を使って深部に到達することができます。」

 

それにより「低周波では届かない深い部分の血流や筋肉を動かすことができます。」

 

「深部の血流をよくすることで損傷組織に酸素を届かすことができます。」

 

「損傷部位への酸素を届かすことで回復を促すことができます。」

 

ハイボルテージの高電圧電気刺激によるアプローチ(High Voltage Stimulation:HVS)は

 

ツインピーク波形という電気刺激をおよそ300~500Vの高電圧により

 

皮膚への電気抵抗を極力抑え、その高電圧による電気刺激を深部の組織にまで到達できる

 

アプローチ方法です。疼痛の軽減や血流の向上が期待できるので

 

即効的な除痛効果や回復促進を行えます。

 

ハイボルテージは「施術している」という感覚が利用者側からみても

 

非情に高い機械です。

 

いのうえ整骨院では「仙骨バランスアプローチ(いのうえmethod)」という

 

その傷病に対して回復しやすい心体にしながら局所の施術も進めていくという

 

自律神経などの7つのバランスを整えながらアプローチしていきますが

 

例えば、腰痛に対しても腰とは離れた部分の施術を行う場合もあります。

 

また、微弱電流やレメシス、星状神経節照射などは

 

あまり刺激感もない施術法となります。(しかし、調整には大切です!)

 

一方、ハイボルテージによるアプローチでは

 

「私の痛いところに届いている‼」という施術された感覚がわかるアプローチ方法です。

 

そして、私が狙う場所による

 

「うっ、奥で響いている‼」こんな感覚にもなります。

 

つまり、ご自身で分からなかった根本の発見・納得もできます。

 

ハイボールテージ通電の適用は

 

慢性痛からぎっくり腰・寝違えなど適用も非常に多岐にわたります。

 

慢性痛から急性痛まで

 

痛みや不調でお困りの人はお気軽にご相談お待ちしています。

 

山梨県甲府市からお送りしました

 

いのうえ整骨院アプローチ法の1つハイボルテージ施術をお送りしました。

 

 

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.10更新

山梨県の皆様、こんにちは!

 

いつも、山梨県津々浦々、遠くの方も多くご来院いただきありがとうございます。

 

昨日も初めていのうえ整骨院を訪れて頂いた方が3名いましたが

 

みなさん、南アルプス市の方でした(旧若草町・櫛形町・甲西町の方3名)

 

旧町名までよくご存じですね?といわれそうですが私も旧甲西町出身なんです。

 

前置きはこのくらいにして、

 

いのうえ整骨院にはスーパーライザーと同様、

 

私の日々施術の手助けをしてくれる機械にハイボルテージがあります。

 

いのうえ整骨院に来られる方のハイボルテージアプローチのご感想としては

 

「なにこれ!私の痛いところまで届いている感じ」

 

「うわっ‼筋肉が持ち上がる」というように

 

機会の説明不要で体感して頂けます。

 

※もちろんいのうえ整骨院ではすべての施術にいたして説明を行います。

 

このハイボルテージアプローチに使う機械は

 

高電圧施術機器です。通常の低周波機器などでは皮膚抵抗が大きく

 

ピリピリ感が皮膚が強くなりすぎて行えないような強度の電気を

 

腰痛であれば腰部の深部(インナーマッスル) である腰方形筋・多裂筋、

 

坐骨神経痛も併発していれば中殿筋や小殿筋、梨状筋など

 

肩こりであれば肩の棘上筋や肩甲骨間の菱形筋、頸部の回旋筋などの

 

深部まで電気を到達させることができます。

 

また、低周波などの電流として身体に電気を送るのではなく、

 

電圧で送るという事を考えてもいかに強力な電気を送り込むことができるのか

 

想像ができると思います。

 

いのうえ整骨院ではハイボルテージアプローチを導入して

 

まだ、3年余りと歴史は浅いのですが(ハイボルテージ自体も新しい機器です)

 

既に回復を早めるための主力となっています。

 

“非常に強い電気”と聞くとなんか怖いような気がする人も多いと思います。

 

ハイボルテージアプローチは

 

いのうえ整骨院に来られているみなさんのハイボルテージ使用の感想としては、

 

「奥まで届いているけど気持ち良い」というような感覚の機器です。

 

このように安全に深部の施術ができることにより、

 

また、いのうえ整骨院ハイボルテージアプローチを利用して頂く皆さんにも

 

御自身の不調部分に届くことがわかる施術機器がハイボルテージと言えます。

 

いのうえ整骨院ではスーパーライザーとハイボルテージ

 

ライズトロンとハイボルテージ等を組み合わせて

 

コンビネーションアプローチとして、

 

勿論、機械でのアプローチに手技も合わせたコンビネーションアプローチを行います。

 

アプローチは来院される皆様の状態に合わせて、施術を進めています。

 

また、深部の施術だけでは、表層のツッパリ感が残ることも考え、

 

シッカリと表層の“ツッパリ感”をとるスペシャリスト機器と言える

 

微弱電流ソーマダインでのケアも行います。

 

腰痛や坐骨神経痛、肩こり、首痛やそれに伴う頭痛関節痛、スポーツ障害

 

交通事故によるむちうち症などに対応できるハイボルテージアプローチ

 

痛みや不調でお困りの方はお気軽にいのうえ整骨院にお問い合わせください。

 

山梨県甲府市にあるいのうえ整骨院がお送りしました。いのうえ整骨院責任者・井上一仁

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.09更新

 

10月になっても、まだ随分暑い日が続きますね。

 

みなさんは連休をいかがお過ごしだったでしょうか?

 

腰痛や坐骨神経痛をいのうえ整骨院で施術を進めていく場合では

 

腰部や臀部の深部にある筋肉群(インナーマッスル)へのアプローチが非常に大切と考えています。

 

痛みが長期化すると腰痛・坐骨神経痛に限らず、

 

痛みは深部へと広がってくるケースは多くあります。

 

腰部では腰方形筋や大腰筋などの深部筋(インナーマッスル)、

 

臀部では中殿筋や小殿筋、梨状筋などが深部筋(インナーマッスル)に当たります。

 

また、梨状筋と一緒に外旋6筋を構成する

 

上双子筋・下双子筋・内閉鎖筋・外閉鎖筋・大腿方形筋へのアプローチも

 

必要な場合はやはり多くあるといえます。

 

その様な身体の深部にある筋肉群(インナーマッスル)に対して、

 

どのようにアプローチしていくことが大切であるのか?という事を考えた場合、

 

いのうえ整骨院ではスーパーライザーによる光線照射という1つの選択があります。

 

ライズトロンによる深部筋への温熱伝導という方法もあります。

 

ハイボルテージ通電という深部筋(インナーマッスル)へのアプローチも行います。

 

多くの場合、

 

「筋肉が硬くなったら、もんでもらえばとれるのでは?」

 

と思われると感じますが

 

私が柔道整復師の免許をいただいてから30年以上の経験から

 

深部筋(インナーマッスル)を緩めるために筋肉をもむことは

 

腰であればその上の筋肉である脊柱起立筋・広背筋を傷つけてしまうことも考えられ、

 

臀部であれば表層筋(アウターマッスル)である大殿筋等を痛めてしまうことも考えられ

 

当然、その表層である筋膜や真皮等の痛みの需要期の多く含まれる組織を傷つけることも考えられます。

 

いのうえ整骨院でも20年くらい前までは「もみほぐし」していた時もあります。

 

いのうえ整骨院にスーパーライザーの初期型を導入したのが1999年なので

 

約20年間は例えば腰痛に対する深部筋(インナーマッスル) である腰方形筋・多裂筋、

 

坐骨神経痛に対する中殿筋や小殿筋、梨状筋などへのアプローチは

 

スーパーライザー等を使用して

 

表層筋を傷つけるような危険のないように施術を行ってきました。

 

スーパーライザーでは最新機種では10Wの高出力で

 

身体の5cm深部まで光線照射ができるといわれています。

 

身体深部5センチまではいることにより、腰痛や坐骨神経痛による

 

根本原因となる深部筋(インナーマッスル)への施術が可能となります。

 

いのうえ整骨院ではこのような深部筋(インナーマッスル)アプローチを

 

表層筋(アウターマッスル)を傷つけないように

 

筋肉を分けながら、他の健康な筋組織や軟部組織を傷つけないように

 

アプローチを行い皆様の腰痛や坐骨神経痛の回復に努めています。

 

山梨県甲府市伊勢にあるいのうえ整骨院 ☎055-227-9131

 

施術者 井上 一仁

 

 

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.08更新

 

みなさん、体育の日いかがお過ごしでしょうか?

 

山梨県のいのうえ整骨院は本日も午前中、施術していました。

 

明日10/9(火)からは平常通りの施術時間となります。

 

いのうえ整骨院には多くの私の施術を助けてくれる機器が設置されています。

 

10/21にはその中の立体動体波の勉強会に東京都立川市に行く予定ですが

 

本日は立体動体波のお話ではなく、スーパーライザーという

 

いのうえ整骨院には初代機器導入から20年が経つ機械のご紹介です。

 

いのうえ整骨院にすでに20年余りにわたり第一線で活躍してくれている

 

私の施術補助機器なので私もスーパーライザーの実力を非常に買っています。

 

このスーパーライザーの最新機種をいのうえ整骨院では設置していますが

 

最新機種では最高出力10Wという非常に強いパワーを発揮します。

 

そのパワーによりハンドインアプローチというスーパーライザーの

 

光の照射される部分(プローブと言います。)を術者自身が手に持ちながら

 

筋肉や神経の硬い部位や傷ついた部位に照射していきます。

 

スーパーライザーの最新機種では10Wの最高出力で身体のおよそ5cm深部まで

 

光線を到達させることができるといわれています。

 

スーパーライザーの光線は近赤外線波長を主として、レーザー光線波長域も含むので

 

光線自体に身体を回復させる働きもあり、

 

また、血流を促進させるので、身体の悪い部分の代謝を促します。

 

このような働きにより、いのうえ整骨院では腰痛や坐骨神経痛、

 

肩こりやむちうち症による首痛、変性性の関節痛やオーバーユース症候群による

 

スポーツ障害などにもスーパーライザーは

 

身体の回復を早めるために安全性も高い施術補助機器なので

 

多用させていただいています。

 

腰痛や坐骨神経痛に限らずですが

 

状態が長期に及んでいる場合や繰り返す外力(オーバーユース症候群)による状態では

 

その状態の原因が深部に及んでいることは多く、

 

その様な場合では深部へのアプローチが必要となります。

 

「深部のアプローチを行うためにどうするのか?」という事を考えた場合、

 

いのうえ整骨院が山梨県甲府市で平成4年から整骨院を始めてから

 

色々なアプローチ法を行ってきました。

 

私が最近ではさんざん言っている「もんだりしてもだめですよ。」

 

というようなことも行ってきました。

 

しかし、「いくら一生懸命もみほぐしてもその時気持ちの良いだけ。」

 

という結論が現時点での私の結論です。

 

そして、深部アプローチのいのうえ整骨院での現時点でのアプローチとして

 

考えられるものがスーパーライザーやハイボルテージ、ライズトロンによる

 

深部アプローチという事になります。

 

原因の根本にアプローチできる施術として根本回復を希望する方は

 

ぜひ、いのうえ整骨院で行っているスーパーライザーアプローチをお試しください。

 

詳しくは

 

いのうえ整骨院交通事故治療・むちうち症治療公式ホームページ←こちらから

 

山梨県甲府市いのうえ整骨院公式ホームぺージ←こちらから

 

お気軽にお問い合わせお待ちしています。

 

いのうえ整骨院代表 井上一仁

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.06更新

腰痛・坐骨神経痛に対するスーパーライザー治療神経照射治療編

みなさん

こんにちは!

 

山梨県甲府市にあるいのうえ整骨院です。

******************************************************************

いのうえ整骨院には毎日多くの腰痛や坐骨神経痛を訴える患者様が来院されます。

 

ある調査では人間の痛みや不調としての訴え順位としては

 

女性では肩こりが1位、腰痛が2位

 

男性では腰痛が1位で肩こりが2位という調査結果もあります。

 

そのような結果を見ても、当院に来院される人も

 

腰痛や肩こり、それに伴う下肢や上肢の痛み、しびれや重だるさを訴える人も多くなります。

 

いのうえ整骨院にはそのような痛みやコリに対応できるように

 

スーパーライザーというレーザー光線波長を含む、近赤外線治療器を3台設置しています。

 

2台は固定照射と言ってアームでの患者さまへの照射位置を決めて

 

自律神経調整であれば首の第6、第7頚椎のあたりに照射を行います。

 

坐骨神経痛であれば、坐骨神経の走行が始まる部位にスーパーライザー照射を行います。

 

スーパーライザーは通常の赤外線などは時間経過とともに身体に徐々に温熱が入っていくのに対し、

 

スーパーライザー照射の場合、スーパーライザーを当てた瞬時に

 

およそ3~5cm深部に治療光線を送り込むことができるといわれています。

 

腰痛や坐骨神経痛、肩こりや慢性になってしまった関節痛や

 

使いすきによるスポーツ障害、腱鞘炎なども同様ですが

 

痛みやしびれが深部に及ぶことの多いそのような病態では

 

深部へのアプローチが必要となります。

 

その点いのうえ整骨院に設置しているスーパーライザーはPXという

 

スーパーライザーの最高出力機種を設置しているので

 

慢性化した、神経痛を伴った身体の不調に対して

 

危険がなく、効率的な施術が行えます。

 

当院ではスーパーライザーには

 

皆様の腰痛や坐骨神経痛、肩こり、交通事故によるむち打ち症、関節痛、

 

腱鞘炎やスポーツ障害までに適応があります。

 

痛みや不調でお困りの人はお気軽なに山梨県甲府市のいのうえ整骨院にご連絡お待ちしています。

 

********************************************************

〒400-0856山梨県甲府市伊勢2-12-17

いのうえ整骨院

院長 柔道整復師 井上一仁

予約受付電話:055-227-9131

<いのうえ整骨院はお待たせしない完全予約制>

いのうえ整骨院交通事故治療・むちうち症治療公式ホームページ←こちらから

 

山梨県甲府市いのうえ整骨院公式ホームぺージ←こちらから

 

*********************************************************

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.05更新

腰痛・坐骨神経痛に対するスーパーライザー治療全身的治療編

みなさん

こんにちは!

 

山梨県甲府市にあるいのうえ整骨院です。

******************************************************************

いのうえ整骨院では

 

腰痛や坐骨神経痛で来院される患者様に対して

 

スーパーライザー照射による施術を行っています。

 

当院には現在スーパーライザーは3台を設置しています。

 

その中の2台は主に固定照射用として

 

自律神経のストレス神経の過緊張を抑え込むために

 

首の自律神経の交感神経が集まる星状神経節というところに

 

照射することにより、交感神経の過緊張状態を取り除くようにいたします。

 

交感神経の過緊張状態は血管で言えば血管の収縮を行う作用になります。

 

血管が収縮することで当然血流が悪くなり、

 

腰痛や坐骨神経痛の痛みやしびれの部位に血流や酸素が運ばれにくくなり、

 

腰痛や坐骨神経痛の症状はより悪化してしまうことも考えられます。

 

このような血管収縮-血流や酸素が運ばれなくなる-疼痛・痺れの悪化は

 

腰痛や坐骨神経痛だけでなく、肩こりや関節痛、スポーツ障害、腱鞘炎などの

 

身体の痛みにももちろん関係してきます。

 

そして、自律神経失調症や鬱傾向の人にも自律神経のバランス調整は大切です。

 

当院では腰痛や坐骨神経痛の方でも自律神経の調性が必要な人には

 

首の星状神経節へのスーパーライザー照射を行い、

 

血流や酸素供給の調整を行なっています。

 

もちろん、腰痛や坐骨神経痛が

 

いきなり、腰と関係のない首へのレーザー照射は「なぜ???」という事になります。

 

当院ではそのような一般の人から見て

 

関係のないような部位への施術においては

 

シッカリとご説明の上施術を行っています。

 

それがいのうえ整骨院『仙骨バランス療法』の全身的な施術となります。

 

もちろん、全身的-局所的なアプローチを行うので

 

腰痛や坐骨神経痛の人には腰や足へのアプローチ

 

肩こりの人には肩や首への局所的なアプローチを行います。

 

痛みの治療としては自律神経などのいわゆる“心の部分”“ストレス”によるものは

 

治療を進めていく上でとても大切なことです。

 

腰痛では侵害受容性疼痛・・・炎症性疼痛

 

坐骨神経痛では神経性疼痛・・・神経痛

 

それに心因性疼痛・・・ストレスせて疼痛が加わることも多くあります。

 

人間の疼痛の原因は侵害受容性疼痛・神経性疼痛・心因性疼痛の3種類といわれています。

 

腰痛や坐骨神経痛はその3種類がすべて微妙に絡み合う事も多い病態です。

********************************************************

〒400-0856山梨県甲府市伊勢2-12-17

いのうえ整骨院

院長 柔道整復師 井上一仁

予約受付電話:055-227-9131

<いのうえ整骨院はお待たせしない完全予約制>

いのうえ整骨院交通事故治療・むちうち症治療公式ホームページ←こちらから

山梨県甲府市いのうえ整骨院公式ホームぺージ←こちらから

 

*********************************************************

投稿者: いのうえ整骨院

2018.10.04更新

腰痛や坐骨神経痛をしっかりと見ていくために重要と考える事

みなさん

こんにちは!

 

山梨県甲府市にあるいのうえ整骨院です。

******************************************************************

腰痛や坐骨神経痛の85%はレントゲンやMRI、CTなどでは

 

病態把握のできにくい、一時期は原因不明腰痛といわれていました。

 

その85%の腰痛や坐骨神経痛は原因不明ではなく

 

レントゲンやMRI、CTなどでは症状が描出されにくい

 

椎間板性腰痛・椎間関節性腰痛・仙腸関節性腰痛・筋筋膜性腰痛・上殿皮神経障害など

 

が原因となる非特異的腰痛といわれるものです。

 

非特異的腰痛である腰痛や坐骨神経痛において、

 

その腰痛や坐骨神経痛がどのような日常動作で痛いのか?

 

その日常動作や仕事での姿勢、スポーツ活動での痛みを診ていくことは

 

原因のわかりにくい腰痛を診ていくには重要となります。

 

腰をそらす動作が痛い場合では椎間関節に原因がある腰痛や坐骨神経痛が疑われます。

 

腰を前屈すると痛い場合では椎間板に起因する腰痛や坐骨神経痛を疑います。

 

前屈も後屈も痛い場合では仙腸関節性の腰痛を疑います。

 

動き出しはいたいけど、動いているうちに痛みが楽になるような腰痛では

 

筋筋膜性腰痛症を疑いますが筋筋膜性腰痛の場合では

 

他の椎間板性腰痛・椎間関節性腰痛・仙腸関節性腰痛・上殿皮神経障害などに

 

合併されることの多い腰痛と言えます。

 

また、レントゲンやMRI、CTなどでは状態が描出される

 

特異的腰痛である椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症・腰椎分離症・

 

腰椎すべり症・腰椎圧迫骨折・変形性腰椎症などにも

 

仙腸関節炎や筋筋膜性腰痛は併発しやすい腰痛や坐骨神経痛となります。

 

また、自分の痛みの部位を押してみて

 

痛みの部位が腰椎の上にあれば椎間板性腰痛・椎間関節性腰痛の可能性があり、

 

仙腸関節という骨盤の仙骨と腸骨の間が痛い感じでは仙腸関節性の腰痛の可能性を疑います。

 

また、背骨ではなく筋肉のあたりが押していたいと感じれば筋筋膜性腰痛の疑いがあります。

 

ただ、自分で押さえて痛みの部位を特定することは非常に難しいことは事実で

 

いのうえ整骨院でも腰痛・坐骨神経痛の人に

 

「どの辺が痛いですか?」とお聞きしても

 

「このあたりかなぁ~」と漫然とした感じが多く、

 

「私はここが痛い」とピンポイントで指さす人は少ないと思われます。

 

当院でもこのような動的検査や患者様自身による「痛みの部位の指差し」だけでは

 

当然腰痛や坐骨神経痛の病態把握は難しいので

 

すでに整形外科や病院で検査してもらった人は

 

その結果を参考にさせていただきながら

 

SLRtest、ファデーフtest、ファベレーtest、ケンプtestなどの

 

整形外科的テスト加え、

 

問診による本人の訴えを参考にしながら

 

触診等により、レントゲンやMRI、CTなどでは状態が描出される

 

特異的腰痛である椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症・腰椎分離症・

 

腰椎すべり症・腰椎圧迫骨折・変形性腰椎症などであっても

 

それ以外の筋筋膜性腰痛や仙腸関節炎の合併や

 

レントゲンやMRI、CTなどでは症状が描出されにくい

 

椎間板性腰痛・椎間関節性腰痛・仙腸関節性腰痛・筋筋膜性腰痛・上殿皮神経障害などにおいても

 

その腰痛や坐骨神経痛がどの腰痛や坐骨神経痛に当てはまるかを

 

シッカリと見ていくことが施術を行っていく第一歩だと

 

いのうえ整骨院では考えています。

 

********************************************************

〒400-0856山梨県甲府市伊勢2-12-17

いのうえ整骨院

院長 柔道整復師 井上一仁

予約受付電話:055-227-9131

<いのうえ整骨院はお待たせしない完全予約制>

いのうえ整骨院交通事故治療・むちうち症治療公式ホームページ←こちらから

 

山梨県甲府市いのうえ整骨院公式ホームぺージ←こちらから

 

*********************************************************

投稿者: いのうえ整骨院

前へ
  • エキテン

新着情報

一覧へ >
2018/08/11
本日、8/11(土)山の日は午前中診療しています。お気軽にご予約お待ちしています。すで本日・・ご予約は午前中満員となっていますが予約が途切れるまで受け付けています。
2018/08/08
山梨県甲府市のいのうえ整骨院にエキテン口コミ740件目になる手のしびれについての当院患者様自身による治療のご感想をいただいています。手のしびれなどでお困りの人はご参考にしてください。
2018/08/05
足部の痛みや外傷・スポーツ障害でお困りの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院・いのうえ整体院にいただいているエキテン口コミ739件目は足部の痛みについてです。ぜひご覧ください。
2018/08/04
山梨県で椎間板ヘルニアにお悩みの方に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいている738件目のエキテン口コミは椎間板ヘルニア治療についてです。ご参考にご覧ください。
2018/08/03
山梨県でO脚にお悩みの人に・・・山梨県甲府市のいのうえ整骨院にいただいているエキテン口コミ737件目「O脚腰痛」についての口コミをご参考ください。
  • 機材について
  • 院長ブログ
  • Q&A
  • 患者様の声
  • 交通事故治療